塾人の3つの悩み

日本全国で学習塾に携わる人々の数は、約32万人。
この32万の人々が抱える悩みは千差万別でしょうが、職業上の悩みという
ことだけにフォーカスをすれば



@もっと授業が上手くなりたい
Aもっと集客が上手くなりたい
Bもっと生徒や保護者とのコミュニケーションを円滑にしたい



という3点に集約されるでしょう。




学習塾の職員として成功するには、

「授業力」+「集客力」+「コミュニケーション能力」

の3つの力は、いずれも不可欠な要素です。

しかしながら、現在の学習塾の職員で、これら3つの要件をすべて平均以上に備えた人は
ごく少数だと言っていいでしょう。

なぜでしょうか?


かつては、伝統のある学習塾では、入塾すると同時に先輩から後輩へ
「授業力」が叩き込まれました。

次には、保護者会や個別面談、DTS(デイリー・テレフォン・サービス)などの
経験を通し、生徒の悩みや保護者の方の意見を聞き、
個々の教師の
「コミュニケーション能力」は鍛えられていきました。


そして、
「集客」に関しても、日々の業務の中で叱咤激励される中で、
自然とノウハウを身に付け、
「室長」へとステップアップする年頃となれば、
「授業」よりも「集客」
へと

自らの仕事の力点が変わったことを自覚し、奮闘してきたものです。


かつては、以上のようなプロセスを通して塾人としての
スキルアップがはかられていました。

しかし、最近では、塾人なら誰もが知ってはいなくてはならないような
基本的な考え方‥‥‥



たとえば、

学力に関するものなら

【学力=得点力=演習の量と質に比例する】


集客なら

【生徒集めで最も大切な口コミは、入塾3ヶ月以内の生徒や保護者から発生しやすい】


といった鉄則さえ知らない者が目立っているのが現状です。




こうした塾人としてのノウハウの伝承が妨げられている要因の一つとして、

業界の構造的特性が挙げられます。

一説では、日本全国には4万5000もの学習塾があると言われますが、
その約85%は、従業員5人未満の小規模塾で、
人材育成にまで手がまわらないという塾が多いのです。


また、個別指導塾が増えていますが、個別ではアルバイト講師が
ほとんどを占め、ことさら塾人としてのスキルを磨かなくとも、
仕事をこなせる環境があり、これに安住している傾向が見られます。



 もっとも危ないのは革新を忘れた伝統ある学習塾

ここまで読んで、
伝統ある比較的大規模な学習塾の皆さん、


「ウチは職員研修もやっているし、OJTで鍛えているから大丈夫!」
と安心していませんか?

しかし、本当に塾人としてのノウハウの習得が必要なのは、
あなた方々なのかもしれませんよ!?

伝統ある学習塾では、古き良き時代の学習塾、
そう1970年代から80年代にかけてあった黙っていても
生徒が集まった時代に構築した旧来型のノウハウを墨守している
ケースが多くあります。

学習塾業界は言うまでもなく栄枯盛衰の厳しい業界であり、
その時代、その時代の生徒や保護者のニーズにマッチした
新しいノウハウを取り込み、業務革新をしていく必要があります。


伝統ある学習塾では、なまじ成功体験があるがゆえに、
旧来型のノウハウを革新することができず、これが弱み
ともなっている
ケースが非常に多いのです。

本来、伝統とは革新の連続であるはずですが、
伝統の内部でぬくぬくとしたシステムに身をまかせ、新しい時代の変化に対応できず、
凋落のスパイラルへ落ち込んでいる塾は少なくありません。




なぜ、私たちMBAは「塾人の仕事術」を上梓するに至ったのか?


私たちMBA(合資会社マネジメント・ブレイン・アソシエイツ)は、
こうした業界の状態を鑑み、

情熱ある塾人が、時代の要請にあった一流の塾人へと育つための
テキストを編集しようと決意しました



こうして出来上がったのが、ここで紹介している電子書籍「塾人の仕事術」です。


私たちが「塾人の仕事術」を編集しようと思った理由として、もう一つ、
お話しておかなければならいのが、大規模学習塾による市場の寡占化
進んでいるという現状への危惧です。


子ども達への学習指導も満足にできない劣悪な学習塾が
市場競争で淘汰されるのは致し方ないとしても、
大手学習塾が、資本にものを言わせ、小さいながらも情熱をもった良質な
塾人が経営する学習塾を席巻していくことは、日本の教育環境を非常に
危うくするものだという認識をもっています。


良質な小さい塾が生き残り、「先生分かったよ」という子ども達の笑顔が、
日本全国の学習塾で花開くためには

教育へのたゆまぬ情熱をもった塾人の育成、
そしてそれに見合った営業力=集客力を身につけた塾人の育成が急務と考えます。



電子ブック「塾人の仕事塾」は、
「授業力」と「コミュニケーション力」という教育者としての大切なスキルを
いかに「集客力」に結びつけるかというMBA独特のノウハウをコレでもか! 
と記載したテキストです。


この本を読むことで、具体的に読者の方が手に入れられるノウハウは、
以下のコンテンツを見てもらえば、お分かりいただけるでしょう。







 塾人としての基本を叩き込むマニュアル本であって
  マニュアル本でない本当の理由


しかし、お間違えのないようにしていただきたいのですが

この本は、塾人のマニュアル本であって、マニュアル本ではありません。

と言うのも、かつて、学習塾には、個性が強く、
自分流の授業スタイルに頑なに固執する名物教師がいました。
しかし、そうした職人芸と対抗するように、授業は学習塾の商品の一つとされ、
授業の細部にわたってルールの統一が設けられ、規格通りにしないと教師に
ペナルティーが科せられる方向へと進んでいきました。

その結果、名物教師は減り、
面白みのない教師による平凡な授業が増えていったのです。



ご紹介している「塾人の仕事塾」もまた授業を学習塾の商品としてとらえ、
どのような授業形態が有効か?
また、授業中、先生はどのようなパフォーマンスをすべきなのか?
といった内容を細部にわたって説明しています。


このノウハウを実践することで、
必ずや合格点を優に超える塾人としての成功をおさめられるでしょう。



その意味で、この本は塾人として生きるための格好のマニュアル本なのですが、
私たちの究極の願いは、このマニュアル本を乗り越え、
世界でたった一人のアナタらしい塾人となってもらうことです。

このマニュアル本を踏み台として、もっとその先へジャンプしていただきたい!

そうした意味で、私たちはこの本をマニュアル本とは呼びたくはありません。



学習塾「再建屋」の異名をもつ「型破りの塾人」

さて、こんなことを願うのも、そもそも
MBA(合資会社マネジメント・ブレイン・アソシエイツ)を創立し
代表を務める中土井鉄信本人が、「型破りの塾人」
であったからかもしれません。


(下が弊社代表中土井鉄信のプロフィールです)





中土井は、ある文章の中で、自らの経歴にふれ、こんなことを書いています。

「私の学習塾人生は、230名ほどの弱小学習塾に就職し、
1年8ヶ月足らずで、5倍近い規模にまでなったところから始まって、

日能研の子会社で、金儲けを覚え、

中萬学院で、様々な実験をさせてもらい、

(退職後には)、倒産すれすれの弱小学習塾を再建して、コンサルタントになった‥」と。



中土井は2001年、自らの夢の実現のため
合資会社マネジメント・ブレイン・アソシエイツを立ち上げました。

これまでのところ、中土井がコンサルタントとして携わった学習塾は、
全国で約50塾ほどに上ります。


規模別では、零細学習塾があり、中小学習塾があり、地域の大手学習塾があり、
また指導方法では、個別指導があり、集団指導があり、ミックスタイプがあり、
さらに地域別では、東京や神奈川、大阪、名古屋といった大都市だけでなく
群馬県や静岡県、岐阜県、三重県、淡路島といった地方都市にも顧客は広がっています。


日本広しと言えども、これだけの数の学習塾の経営に関わり、
学習塾の再建、あるいは飛躍のために貢献したコンサルタントは稀少でしょう。



そして、中土井はコンサルタントして関わった学習塾の一つひとつで
生徒数の増加など数値に裏付けられた実績を上げ、自らへの信頼を勝ちとってきました。






 情熱はあるがその思いを実際の業務改革にどう反映していいか分からず
  頭を悩ませている皆様へ


学習塾の職員の方、もしアナタが本当にプロの塾人として生きていこうとするなら‥‥‥
この本を読んで日常の業務を振り返ってください!
そして反省すべき点があるのなら、それを改善し、実践してください!



塾長の方、
アナタが、もし、
貴塾で働く一人ひとりの先生方の成長を願うのなら‥‥‥
アナタの学習塾で、
なかなか力を発揮できない人材を人財へと変えたいなら‥‥‥
この本を、職場で奮闘している先生方に読ませてください。
また、塾長自身も精読してください。


学習塾は、子ども達の成長に貢献できる喜びもヤリガイも大きい職業ですが、
お気楽な商売では決してありません。


子どもたちは、まっすぐな視線で、

教師たちが信頼できる大人か?
教師たちが自分のことを本当に思って指導してくれる人か?
教師たちが自分を守ってくれる味方か?

ということを、大人には及びもつかない直感にもとづいた冷徹な視線で見極めています。


経営的な側面を無視した学習塾がありえないように、
子供の成長を心の底から願うことのない教育的な側面を無視した学習塾はありえません。



ですから、もし学習塾を単なる金儲けの手段、あるいは投資の投資の対象だとお考えている
皆さんには、この本は役に立たないはずです。無用の長物となるはずです。


なぜなら、私たちは、これから成長しようとする学習塾のスタート地点は
以下のようなものだと考えているからです。

(下は、「塾人の仕事術」からの引用です)


どこの塾でも「子供にとって良かれと思うこと」をそれぞれ実行しているのだろうが、
その「子供」に具体的な名前を当てはめて考えているだろうか。

伸びない塾では往々にして
「塾が良かったころの子供のイメージ」、
「自分が子供だったときのイメージ」、
「自分が一番教えやすかった子供のイメージ」を無意識に思っている。
つまり、目の前の子供ではない『理想の子供』をイメージし、行動をしているのだ。

その思い込みを捨て、目の前にいる生徒を虚心坦懐に見つめ、
「A君にとって良いことかな?」、
「B君にとってはどうかな?」という意識を強く持つことが非常に重要だ。

具体的な名前、具体的な報告が自塾で飛び交うようなら、
伸びる瞬間に転じている可能性が高い。

「個々の生徒、それぞれにとって良いこととは何か」を考え始めた瞬間が、
上昇へのスタート地点なのだ。



 読み応え充分、本文8ポイントの文字で、A4版約230Pの大書

「塾人の仕事術」は、弊社で隔週で発行している有料の電子マガジン
「塾経営サクセスネットMBA」の特集記事をもとにし、
新たに編集し直すことにより生まれました。


当初は気軽に読める小冊子を提供しようと考えていたのですが、
授業のノウハウから生徒とのコミュニケーション、講習の集客・継続、広告・宣伝まで
塾人として成功するために欠かせない仕事術を選りすぐった結果、

本の分量は当初の目論見を遥かに超え、

実に本文8ポイントの文字で、A4版約230ページの大書となりました。


それでも、編集が終わってみれば、アレも入れたかった、コレも入れたかったという
気分に誘われるから不思議です。


教える人でもあり、また経営者の資質をもっていなくてはならい塾人の仕事は、
それだけ奥深く大変なものなのでしょう。

しかし、奥深く大変な仕事だからこそ、
学習塾で働くことはまたヤリガイのある仕事でもあるはすです。


一人ひとりの生徒の顔を思い浮かべ、
それぞれにとって良いこととは何かを考えている塾人の皆さん、

生徒の成長を心の底から思っているのだが、しかしその思いを
実際の業務改革にどう反映していいのかが分からず頭を悩ませている学習塾の皆さん、

この本は、そんなあなた方のサポートをするための電子書籍です。


この本一冊に、私たちMBAがもつ塾人として生きるための
具体的なノウハウをギッシリと詰め込みました。

できましたならば、ご購入のうえ、ご高覧くださいますようお願い申し上げます。


PS
「塾人の仕事術」には弊社代表 中土井鉄信の塾経営、校舎運営、授業に関わるノウハウが
詰め込まれています。
また、「コーチング」「アドラー心理学」「NLP(神経言語プログラミング)」に造詣の深い弊社シニアコーチ・心理カウンセラー井上郁夫の識見が盛り込まれています。
なお、原稿の執筆にあたっては、その多くを弊社チーフコンサルタントの荒木崇が担当しました。

最後に、この本を読んで下さった学習塾が活き活きとし、
何より、そこで学ぶ子ども達が元気になることを心より願って‥



27,500円
(税込)
PDF形式
(CD−ROM版の場合は別途送料がかかります)


特別価格対象者 19,440円(税込)


*特別価格対象者とは、弊社顧問先、『塾経営サクセスネットMBA購読者
姉妹本『塾・授業の教科書の購入者の皆様です

お申し込み方法

特定商取引に関する法律に基づく表示

電子書籍「塾人の仕事術」をお申し込みになるには、メール、電話、FAXのいずれかの方法で
弊社までご連絡を下さい。どの方法であっても、【ご住所、貴塾名、お名前、お電話番号、発送方法、個数、
銀行振込の入金予定日】をお知らせくだされば結構です。


メールでお申し込みになる場合には、以下のフォーマットをご使用ください。


件名「塾人の仕事術」申し込み
=============================
住所

メールアドレス

貴塾名

名前

電話番号

ご希望の個数

銀行振込の入金予定日

送付方法 電子メール ・ CD-ROM
=============================

ご注文内容を確認次第、弊社より振込先をお知らせいたしますので、
指定の口座に代金をお振り込みください。(振込み手数料はお客様負担となります)



ご入金を確認次第、電子書籍「塾人の仕事術」をメールもしくは郵送で発送いたします。

*順次発送作業をいたしますが、お申し込み後、お手元に届くまで10日ぐらいかかることがございます。あらかじめ、ご了承ください。
*【「電子書籍 塾人の仕事術】はその商品の性格上、原則として返品はお受けいたしかねます。
明らかな商品の瑕疵が弊社にあった場合には、誠に申し訳ありませんが、ご連絡をお願い申し上げます。

本冊子は電子書籍ですので、一般書店などでは販売しておりません。
また、著作権は合資会社マネジメント・ブレイン・アソシエイツに帰属し、
他人への譲渡、及び引用・複製等は固く禁止いたします。
また、商品の性格上、お買い上げの後の返品は原則受け付けておりませんので、どうぞご理解ください。

お申し込み方法

2つの送付方法から選べます
1.電子メールでの送付(ファイル容量約13.5MB)
2.CD-ROMにての送付(CD-ROM版の場合は、別途、送料がかかります)

配送方法 送料
電子メール(添付) 0円
宅配便(CD-ROM) 500円